閉まっていても開いている、クスッと笑えるシャッター

マネージャーの小桧山です!

「秦野のビルに壁画を描きたい!」というしろひげ先生の言葉からはじまり、まずはシャッターからやってみましょうと


《シャッタープロジェクトはだの》

が始動しました。



去年の夏

先生がひとりで描きあげた浪漫のシャッターから

1年とちょっと。


『閉まっていても開いている、クスッと笑えるシャッター』を

7店舗完成させることが出来ました。


絵師の皆さん、そしていろんなカタチで応援してくれるみなさん

いつも本当にありがとうございます!!


シャッタープロジェクトはだのは『10店舗』がゴールです!

あと3店舗!



2022年9月から最終幕がスタートします。


応援よろしくお願いします!

SHUTTER PROJECT HADANO

【シャッター × アート】は街を魅せる。 街の中にある大きなキャンパスに少しづつ出来上がっていく作品は みんなの心をワクワクさせる。想像が膨らむ時間を多くの人と共有できる。 いつもとひと味違う街の風景は通る人たちの日常を笑顔にする! それがシャッタープロジェクト。

0コメント

  • 1000 / 1000